死亡保険加入の例

スーツの人

私は先月の2月に取引先銀行と保険相談を行い、定期死亡保険に加入することにしました。その時のことについてお話します。私は預貯金などを取り扱っていました銀行に行って貯蓄型の保険相談を行ったところ、10年満期の定期死亡保険があることがわかりました。最初に一括で300万円を支払い10年後の満期になった時には300万円にプラス約4パーセントの利子配当金が支払われる保険となっています。そしてまた10年間の間に万が一私が死亡した時には、死亡保険金として約360万円が支払われることになっています。私は銀行の保険担当者とよく保険相談を行い、よく考えて決めることにしました。この定期死亡保険は途中解約は出来るのですが、契約から4年間は元本の300万円割れを起こすリスクがありました。

私は一括で支払わなければならない300万円はギリギリ確保していましたが、契約から4年間の間に解約した場合は元本割れを起こしてしまう恐れがありましたので、慎重に保険相談を行い契約するかどうか決めました。約二週間に渡り保険相談を行った結果、この定期死亡保険に加入することにしました。契約から4年間の間の解約の元本割れのリスクはありましたが、このままお金を普通預金や定期預金にしていてもほとんど金利が付きませんでしたので、10年後の金利が高い定期死亡保険に加入することにしました。私はこの定期死亡保険に加入するため契約書にサインして300万円を渡しました。死亡時の受取人は子供二人半分半分にして受け取れるようにしました。