保険相談で選ぼう

女性

保険選びを保険相談で行う

以前は生命保険にしても損害保険にしても保険会社による違いはあまりありませんでした。規制緩和の影響で新規参入の保険会社が新商品を市場に持ち込んだため競争が激化しています。個人で比較対比をして決めるにはあまりにも商品の数が多すぎます。街を歩いていると保険相談の看板を目にすることが多くなっています。保険代理店も複数の保険会社の保険を取り扱えるようになったので、保険相談を受けることが出来るようになりました。自分の年齢や家族構成、収入や資産内容によって比較的簡単なシミュレーションを行って生命保険や損害保険の提案をしてもらえます。今後のライフスタイルではパターンを分けてシミュレーションをしてもらうことも可能です。

今後も多様な保険の発売が想定される

日本においても個人の価値観の多様性が進んでいます。少子高齢化の時代を迎えて、必要とする保険についても個々人ごとに設計するくらいの多様性が必要になっています。保険会社も商品の選択肢を増やしています。今後ますますこの傾向が進むと想定されますので保険選びも専門家に保険相談をする必要があります。保険相談では一時期手数料の多い保険を勧めているのではないかということで問題になりましたので最終的な判断は自分でしなければなりません。生命保険にしても損害保険にしても説明を聞いて内容をよく確認してから判断しなければなりません。そのためには自分が重視している内容を保険相談の担当者に正確に伝えることがメリットを享受する鍵になります。