MENU

インシュアランス

レディ

保険サービスは様々な節税対策とすることができます。企業は企業活動に関する費用として、計上できます。個人としては、生命保険なんかが相続税対策として、非常有効的であるといえます。是非とも加入することです。

詳しく見る

コストを考える

説明

熊本での生活を考える時は、保険見直しについて考える必要もあります。日々の生活のリスクなどを把握することは、保険見直しの時に非常に重要なこととなります。自分のライフスタイルの変化に伴うリスクの変化なども保険見直しの時に考えます。

詳しく見る

持病持ちでも加入できる

家族

病気になっても入れる保険は確かに存在します。この保険も医療保険と同じで保険会社によってさまざまな商品があります。しかし補償についてはあまり手厚くなく保険料もとても高いです。保険に加入せずに貯蓄するのも賢い選択肢の一つです。

詳しく見る

変化で探す

男女

独自の時に加入した保険も、今は無駄な料金を支払っている可能性があります。特に結婚など大きなイベントがあった場合は、それに応じた保険見直しが必要になってくることを忘れてはいけないのです。

詳しく見る

まずは用途を

レディ

保険加入といってもなんとなく決めてしまってはダメです。まずは、どのようなライフスタイルなのかを把握していき入念に計画を立てることから始めるのが一番理想的だと言えるでしょう。

詳しく見る

豊かな暮らしを実現

一家

快適な生活を送ることができることから現代人は脳梗塞やガンなどの病気にかかりやすくなりました。保険に加入している人は保険見直しをすることで将来楽に治療を受けることができるようになります。

詳しく見る

病気になった時の保険

ウーマン

病気になったときは保険に加入しておくことで治療費などの負担を軽くすることができます。入れる保険を探すのは難しいことですが、プランナーに相談することで自分に合った保険探しができます。

詳しく見る

情報を集める

男女

女性の事情に特化した保険を見つけるためには、情報収集が鍵になります。保険相談に対応している窓口もたくさんあるので、気になったら早めに予約を行っておくようにしましょう。

詳しく見る

保険代理店で相談

家族

保険代理店での保険相談の基本、それは「無料」であるということです。代理店に行けば、何度でも無料で細かいところまで話を聞いていくことが出来るのです。ライフステージに合った保険を見つけられます。

詳しく見る

死亡保険加入の例

スーツの人

実際に死亡保険に加入する際には様々なプランから自分にあったものを選ぶ必要があります。例えば貯蓄型の保険の場合、10年満期の定期死亡保険があります。保険に加入する際にはよく考えてから加入するようにしましょう。

詳しく見る

保険相談で選ぼう

女性

保険は規制緩和の影響で新商品を持ち込んだ競争が激化しており、個人dね比較対比をするには商品の数が多すぎます。保険相談を受けることで、自分に合った保険をシミュレーションを行って提案してくれます。

詳しく見る

加入を検討する

自転車

備えておく

自転車保険は加入していない方が多い物になりますが、いざという時のために加入をしておいた方が良いものになります。自転車でも事故を起こしてしまうという事はあります。これは誰にでも行ってしまうことがあるので他人事のように考えていてはいけないことになります。また近年では自転車の事故が非常に増えてきているという部分もあるので、自転車保険に加入しておくことによって安心して自転車を運転することができるという事になります。自転車をそれほど使う機会がないという方の場合はどれくらいの頻度で自転車を使うのかを考えて加入するのかしないのかを決めるようにしましょう。短い距離でも毎日使用する、または週に3回以上は使用するという方は確実に自転車保険に加入した方が良いでしょう。

子供の場合

成人した方々が加入している傾向にある自転車保険ですが、学生や子供の場合も加入をしておいた方が良いです。大人であれば多少注意して運転をするという場合もありますし、坂道などでスピードを出すという事をしない方が多いですが、子供や学生の場合は友達同士でふざけて危険な運転をしてしまうという事もあります。このような際に事故を起こしてしまう事もあるので、自分の子供がよく自転車を使用するという場合には自転車保険に加入をさせておいた方が良いでしょう。成人をしていない人でも入る事ができるのかという疑問が出てしまいますが、成人していなくても入る事ができる自転車保険はたくさんあります。一ヶ月に払わなくてはならない保険料もそれほど高くないので検討してみましょう。また、家族全員が加入対象になる自転車保険などもあるのでチェックしてみると良いです。群馬にいるファイナンシャルプランナーに相談しておくことで、どういった商品がおすすめなのか紹介してもらうことができるでしょう。